<< 那智大社と青岸渡寺、ホテル浦島で温泉三昧のお泊り旅 | main | 飯高の湯と美杉 >>

ホテル浦島温泉三昧から、紀三井寺へ

昨日とは打って変わって、快晴です。

もちろん、早朝より温泉三昧は続きます。 結局、(改装中で利用できない温泉を除き)全ての利用可能な温泉を制覇いたしました。 

スタンプラリーの景品は、入浴剤でした。

 

部屋からの景色

 

部屋からの景色。

 

敷地内散策

 

朝食後、ホテル敷地内を少し散策。

なんせ、部屋から指定の食事処にいくにも結構移動します。 その移動途中、景色の良いところが展望所になっていて、外に出られるようになっていました。

 

敷地内散策

 

スカッと晴れてます。

 

ホテルを後にし、また船で戻り、バスで駐車場まで移動し、自動車にて出発!

青岸渡寺で御朱印をいただき、ホテル浦島で温泉三昧を楽しむことが目的でしたから、帰りは特に予定は組んでいません。

まずは、定番観光スポットに立ち寄ります。

 

橋杭岩

 

串本の橋杭岩

 

橋杭岩

 

天気が良いので、人もたくさん、車もいっぱいでした。

 

道の駅すさみ

 

次は、「道の駅 すさみ」

ここも車がいっぱい!

 

河内晩柑ソフト

 

昨日は、那智山で「那智黒ソフト」を食べ損ねたので(土砂降りで食べる余裕がなかった…)、つい、食べたくなってしまいました。

河内晩柑ソフト。 ソフトクリームとは言え、味はほぼシャーベット。 しつこくなく、美味しかったです。 (税込¥400、ちょっとお高めですけどね。まぁ、プレミアムってことで…)

 

二輪P

 

バイク置き場はここですね。 エビとカニの水族館の前側。

 

エビカニ水族館

 

ついでに、エビとカニの水族館の情報を。

なぜか、ウミガメが入り口前に水槽(プラボックス)に入った状態で置かれてました。 保護されたのかな??

 

次に何処に行こうか考えてきていません。

時間もたっぷりあるので、西国巡礼の第二番札所、紀三井寺に行こうということになり、出発。

 

紀三井寺では、ちょっと離れた線路沿いの有料の私営の駐車場に停めました。

「紀三井寺はやしNo.5駐車場」。 お食事処やお土産店を経営しているところの駐車場なので、2000円以上食事や買い物をすれば3時間無料になるそうです。 私たちは、特に食事も土産も買う予定はなかったので、料金¥500(3時間以内)を払って駐車。

 

紀三井寺

 

参道にお店屋さんが並び、立派な楼門が見えてきました。

参拝料 大人¥200。

本堂は、もうすぐかと思ったら…

 

紀三井寺

 

階段がそびえてます…

どうにか登れましたが、膝が笑いかけてました。

 

御神木

 

御神木

 

紀三井寺

 

本堂で、御朱印(¥300)をいただきました。

 

紀三井寺

 

多宝塔

新緑も美しかったですが、桜の時期や紅葉の時期はより一層美しくなりそうです。

 

紀三井寺

 

市街地の向こうには和歌川、その向こうの海まで見えます。

 

紀三井寺を後にし、少し遅いお昼の時間になりました。

 

丸田屋

 

帰り道、何度も訪れている「丸田屋 岩出本店」へ。

 

中華そば

 

おっちゃんも私も、中華そば(¥700) をいただきました。

 

後は犬鳴山を超えて帰宅。

楽しい1泊2日、那智勝浦の旅でした。

もちろん、日帰りで行けるところですが、たっぷり温泉を堪能したので、とても満足。

 

at 20:57, bikenori と bikenori夫, ドライブ

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 20:57, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:http://bikenori.jugem.jp/trackback/684