<< 涼しいうちに龍神へ 高野龍神スカイラインと、龍神温泉元湯 | main | 『やぶっちゃの湯』と、針TRS『KUSHITANI CAFE』 >>

〜おっちゃん一人旅〜 十津川温泉郷 湯泉地温泉「泉湯」と、大塔郷土館でランチ

今日も走る気満々のおっちゃん。
久しぶりに十津川の湯泉地温泉の湯に入りたいらしい。 「泉湯」も「滝の湯」も朝10時から。 ということは、そこそこゆっくり目の出発になる代わりに、帰りは絶対暑い時間帯になる…。 私は、お留守番することにしました。

ということで、おっちゃんは、7時半ごろ出発。

「国道310号」で金剛山を越え、「国道168号」へ。 ひたすら走り…

道の駅 吉野路大塔

「道の駅 吉野路大塔」で、最初の休憩。

道の駅 十津川郷

温泉の営業開始時間まで、少しだけ時間があったので「道の駅 十津川郷」で休憩。

湯泉地温泉 泉湯

道の駅のすぐ近く、湯泉地温泉「泉湯」到着。 ちょうど、10時。

湯泉地温泉 泉湯玄関

湯泉地 公衆温泉 泉湯

営業時間 10:00〜21:00
入浴料  大人¥400

一番乗りで、結局ずっと貸し切り状態だったらしい。

内湯

内湯

とにかく熱いんですが、今回も、「熱かったら、水入れてね〜」と声かけられたらしい。
最初の客は、かなり水を入れないと熱いんですよ。
硫黄臭たっぷりのお湯です。

内湯 洗い場

ああっ! シャンプー&リンス、ボディーシャンプーが完備されてる!!
以前は、無かったので持参しないといけなかったのに、いつの間に!!
おっちゃんも驚いて写真に撮ったらしい。

露天風呂

露天
うわっ!日当たりエエね〜。 これは日焼けしそう。
でも、静かでみどりいっぱいの景色は気持ち良い。

お風呂でゆっくり癒されたら、戻る道のりでランチにすることに。
来る時にすでに、ここで食べようと決めていたらしい。

大塔郷土館

大塔郷土館

「道の駅 吉野路大塔」の道路を挟んだ向かいにあります。
以前、こちらで食べて美味しかったので何度か行っていたお気に入りのお食事処だったのですが、十津川を襲った災害の際の仮設住宅としてこの駐車場スペースが使われ、ずっと休業していました。
何度か前は通過していましたが、ずっと休業中だったので、再開を楽しみにしていました。
今日は、前を通過した時、のぼりが上がっているのが見えたので、是非、行こうと思ったらしい。



大塔郷土館

メニュー

食べ物メニューは、これだけだそうです。(メニューの下の方が切れてしまって値段がわかりませんが…)
以前より、メニューが減ったかな? 

美山定食

美山定食 ¥1100

(フタついてる鍋は)茶粥、目はり寿司、煮物、切り干し大根、梅干しと漬物、そして、なぜかジャガイモ(手前右)
素朴で美味しかったらしい。

その後、来た道を戻るルートで帰宅。(1時すぎ)


総走行距離 約215km


十津川への道のりも意外と涼しかったらしい。
温泉も貸切で満喫できたし、大塔郷土館も復活してくれて美味しいランチが食べられたし、満足なツーリングだったそうです。

 

at 21:17, bikenori と bikenori夫, ツーリング

comments(4), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 21:17, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment
hirosan, 2015/08/11 1:07 AM

翌日は、おっちゃん一人旅だったんですね。
十津川湯泉地温泉の滝の湯は、朝8時半から営業に変わってたと思います。
吉野路大塔の敷地内の食堂のカツ丼も美味しいですよ(笑)

bikenori, 2015/08/11 6:50 PM

hirosanさん、こんばんは。

えーーーっ!! 滝の湯が朝早くからやってるって? 知りませんでした。

観光協会のサイトにはなかったですが、村のサイトにお知らせとして載ってました。 
なんと、平成27年8月1日〜11月30日の間は、7:30からの営業って!!!

湯泉地温泉、頑張ってますね。
早朝好きとしては、選択肢が増えて嬉しいです。

しかずきん, 2015/08/11 7:52 PM

大塔郷土館、復活したんですね
てっきり潰れたのかと思ってました

一度も行った事は無いんですけどね

機会があれば寄りたいとこです

bikenori, 2015/08/11 8:51 PM

しかずきんさん、こんばんは。

大塔郷土館、また、食事ができるようになりました。 駐車場のスペースに仮設住宅用に基礎打ったりして壊してあるのかと思ってましたが、まさに仮設だったようで、以前のままの状態になってます。

座敷で食べるんですが、部屋からの景色ものんびりとしていて、ゆったりできます。










trackback
url:http://bikenori.jugem.jp/trackback/667