MT-07 GIVI車種別フィッティング装着  えぇ〜っ!ヘルメットどうする?


GIVIケースは、一度使うとあまりの便利さにもうやめられない。 無いとメチャメチャ不便!
でも、MT-07には車種別フィッティングが設定されていませんでした。
が、先月下旬、デイトナから新製品として発表されたのを見つけて、すぐにいつものバイク屋さんへ。
というのも、少々加工が必要なようにかかれていたので、もう、これはプロに任せようと、お店で注文して取り付けまでやってもらおうと相談に。

お店ではすぐに注文をかけ、納品日も問い合わせてくれましたが、GIVIから4月20日にデイトナに届くらしい。その後お店へ。ゴールデンウィークに間に合うかドキドキしていました。
が、少し早目に4月17日にお店に届き、連絡をもらってすぐに取り付けてもらいに行ってきました。

GIVI 
MT-07モノラック用フィッティング 2118FZ (92367) ¥25920(¥24000+税) 
FZシリーズ専用モノロックベース   M5M   (90110)  ¥7028 (¥6600+税) 

値段高っ!!!! 目を疑いましたよ。 為替の影響か?MT-07だけ、異様に高いです。
バイク屋さんでの注文なので商品は定価通り、取り付け工賃が別途¥5400(¥5000+税)かかりました。

フィッティング+ベース部分だけで、取り付け含めて総合計¥38448 かかっちまいました
(ケースは、NC700Sの時のものを流用する予定)

バイク屋さんで取り付け作業中、整備士さんが「ヘルメットホルダーが、同時装着不可になってますけど、外していいですか?」との事。
えっ?何?と思いましたが、アーム部分がロック部分に当たるのでどうしてもつけられないと。
仕方ないので、ヘルメットホルダーはあきらめました。

MT-07で、GIVI車種別フィッティングの装着を考えているオーナーさん! 
ヘルメットホルダーは取り外さないといけないんですよ〜! 覚悟していてください!

きれいに取り付けてもらって、外した部品や取説を持って帰ってきました。

取説&外したもの

左上の黒い(プラスチック)部品はリアタイヤの上のところについてるもので、金属製のものと交換されていました。
サイドパネルを切り抜く作業があったようです。

注意書き

取説を見てみると、手順7のあと、確かに純正ヘルメットハンガーは外して保管せよとなってました。




翌日、ボックスつけてツーリングへ。 



☆★☆



さて、これからが本日の作業。

外したヘルメットホルダー

外されたヘルメットハンガー

これ、何とか利用できないかな? というのは、これが使えればメインキーで使えるので、GIVIケースのキーと2本だけで済みます。 
でも、ロック部分に使われているのはいたずら防止のためか、珍しい星形のねじ穴。 こんなねじ回し、一般家庭にないし、そう簡単に手に入らんやろ? 結局外せないんじゃ?

ネジ回し

と思ったら、昔、カルフールで買った輸入物の安物の工具セットに入ってました。

分解

で、あっさり外せて、上手く組み合せれば使えそうです。

プレートと

ロックのネジ穴と突起部分と合いそうなプレートを買ってきて、こんな感じでやってみました。




取り付けで気そうなところを探します。
赤のネジ穴はすでにフィッティングを支えるためのボルトが入っているので使えません。
青の穴の部分が使えそうで仮留めしてみましたが、かけたヘルメットがウィンカーに干渉して雑に扱うとボキッと折ってしまいそうなので却下。
で、結局、オレンジのところのねじ穴が最有力。 ネジ穴にはプラスチックのキャップがついていますが、マイナスドライバで簡単に外せます。

あれこれ、試行錯誤、見た目や使い勝手、耐久性を考慮しながらこうなりました。




フィッティング側のネジ穴はM8ですが、ロックのネジがM6なので、M6で長さは60mm50mmでも留められますが、余裕を見て60mmを使いました)のネジを購入し、ナットを使って付けてみました。
ネジを締めたり、ズレを極力抑えるために、100mm×100mm×1mm(厚さ)のゴムシートにネジ穴を開け、プレートとアームの間にクルッと巻いてあります。(ロック側の突起部分もゴムシートに穴を開けて調整)
ネジ穴が1つしかないので、固定はその1本で十分できていますが、回転してしまわないようにプレートの左右に結束バンドを使って補強してあります。(必要ないとわかれば取ってしまおうと思ってます)
きっちり止まっているので全然動かない(ズレない)し、位置的に使い勝手は良さそうだし、何より、メインキーで使えるので、とても便利です。
その後、バイクを洗い、ゴールデンウィークのツーリングに備えました。


あまりに天気が良く、暑くなったので、昼下がりに日帰り入浴に行ってきました。 (原チャリで)



いよやかの郷

今月号の温泉博士の『温泉手形』に掲載されいて、手形を使えば入湯税1人¥50円で入浴できます。
ヌルヌル系の温泉らしさが感じられるお湯ですが、塩素臭はキツイです。 そして、日帰り入浴のお客さんの他にも、お泊りのお客さんの夕食前の入浴と重なって、かなりのお客さんが利用されてました。



帰り道、松尾農免道路を走っていて、綺麗な景色が目に入ったので、ちょっと立ち寄ってみました。
和泉リサイクル環境公園です。
芝桜、ポピー、ちょっとだけチューリップが咲いてました。
虫とり網を持った子供たちがたくさん楽しそうに走り回っていました。

 

at 19:32, bikenori と bikenori夫, バイク

comments(4), trackbacks(0), pookmark

MT-07 リコール

23日、MT-07 リコールの手紙が届きました。 

リコールのお知らせ

我が家のMT-07は対象らしい。(我が家のMT-07はABS付モデルなので、厳密にはMT-07Aというらしい)
というよりも、ホームページに掲載されているリコール情報の中の対象車両の製造期間を見ると、おそらく全てのMT-07が対象っぽいです。

リコール内容

翌日、購入したお店に問い合わせてみると、部品は25日到着予定とのこと。

本日、リコール箇所の修理をしてもらいに行ってきました。

部品交換以外に、取扱説明書も改訂版と交換となるので、今までのものを持参し、新しいものをもらってきました。


ま、新しい機種にリコールはつきものですから、早い段階でやってもらえて良しとしましょ。
これでまた、安心してライディングを楽しめます。


★★おまけ★★


6年前に平等院を訪れた時の写真を見て、「えぇ〜? こんなだったっけ?」という驚きが。
平等院鳳凰堂の平成の大修理がどれだけ凄かったか思い知りました。

では、2008年の平等院鳳凰堂を。

平等院鳳凰堂 2008年

平等院鳳凰堂 2008年

平等院鳳凰堂 2008年

そう、この時は、Monsterで行ったんですよね… 
で、帰りに信楽で走行不能になって、レッカーで運ばれて帰ってきたということまで思い出した…。
    
そして2014年

平等院鳳凰堂

            …美しい



 

at 20:52, bikenori と bikenori夫, バイク

comments(2), trackbacks(0), pookmark

MT Premium 試乗会  《舞洲会場》

スゴイ!!?
なんと、YAMAHA主催の『 MT Premium 試乗会 』に応募したら、夫婦そろって招待状が届いていたのでした。

試乗会招待状

その 『MT Premium 試乗会』に、本日、参加してまいりました。
会場は、舞洲。 

処理場?

舞洲って、こ〜んな摩訶不思議な下水汚泥処理施設(スラッジセンター)や、遊園地かと思わせるようなごみ処理施設があるところです。 大阪在住者でも、あまり行くことのないところですね。 
雨なので、車で行きました。

試乗会会場

会場についても、雨。
早く着いたので、前の時間帯の試乗会をまだやっている最中でした。
受付だけ済ませて、しばらく時間を過ごして自分たちの時間帯の試乗会へ

MT-09

車種限定の試乗会って、こんなにスゴイの??
MT-09とMT-07がきれいに並んでいます。 それぞれ10台以上並んでいます。

MT-09

MT-09がズラ〜っと…。

MT-07

MT-07もズラ〜っと!!

試乗会は、舞洲会場は時間帯で3回に分け(それぞれ招待状に時間指定があります)、各回50名の設定。
試乗は、07、09、各2回ずつ試乗できるチケットが配られました。 ドリンク券も1枚もらいました。

07,09共に1回に10人が一度に試乗できるようにバイクが用意されていて、待ち時間などほとんどないようにスムースに進められました。


試乗の感想は…

あかん…  MT-09 楽しすぎ!!!

正直、MT-07を体験しに行こうと参加したのに、MT-09が楽しくて面白くて!!
ウェットの路面(というより、思いっきり雨の中の試乗でした…)なので、Bモード指定のみの走行でしたが、それでも楽し〜〜〜!!!
ポジションは、ハンドルが少し近く立ち姿勢になりハンドル幅があるので、ストリートファイターっぽい味わいがあります。
足つきも、07より09の方が良かったのがビックリ。 
マイルドなBモードでの試乗でしたが、きっと、STDモードやAモードはメチャメチャ楽しいだろうなぁと想像できました。


MT-07は、ふむふむ…こんな感じね、ってくらいの予想通りのマイルドで意のままに操れそうな肩ひじ張らずに乗れそうなバイクでした。 ロングツーリングには、こちらが向いているかも。
09はハイオク仕様なのに対し、07はレギュラー仕様。 タンク容量は、09が14ℓで07が13ℓですが、燃費からすると同じくらいは走れる(航続距離は300kmくらい)らしいです。 

YAMAHAのMT-09とMT-07の開発者のお話も聞けて、興味深かったです。
確かに、開ければググッと加速する楽しいバイクだと感じました。

展示車両

あちこちに展示車両もあり…

MT-09

跨ったり、取り回しで軽さを体験したりできるようになっていました。


楽しい試乗をさせてもらって、なおかつ…

お土産

こんなお土産もいただいちゃいました。
(箱の中の白いのは手ぬぐいです)


… 参加して、乗ってしまったばっかりに、欲しくなってしまいました。





 

at 19:56, bikenori と bikenori夫, バイク

comments(10), trackbacks(0), pookmark

MT-07 ABS  見て触って、跨ってきました

バイク用品店へお買い物に行こうと車で出発し、ふと、思いついた。

嬉しい 「YSPで、MT-07展示してるところ、あるんちゃう?」

私は、助手席でスマホでチェック。 おっ!! YSPのお店ブログ発見!!
なんと! 試乗車として週末からデビューって!! 
残念ながら普通の格好で普通の靴はいてきちゃったので試乗する勇気がありませんが、とにかく話題のニューモデルの実車を見てみたい!!

予定変更して、まずは、そのバイクショップへ行ってみることに。

ありました!ありました! お店の真ん前、ど真ん中に置かれていました。

MT-07 正面

MT-07 ABS マットグレーメタリック
(ちょっとピンぼけしてますが…)

MT-07 右サイド

右サイドはこんな感じ。

MT-07 左サイド

左サイドも

もちろん、跨らせていただきました。

まず感じたのは…  めっちゃ軽い!!!

装備重量で182kgということですが、もっと軽く感じます。
なんでこんなに軽く感じるのかお店の方に聞いてみると、『徹底したマスの集中化』のおかげだそうです。

ペタンコ靴で両方のつま先は着くか着かないかといったところ。(身長157cm)
ライディングシューズならギリギリ両つま先が着きそうです。 バレリーナ状態で。

取り回しをさせてもらい、ハンドル切れ角なんかを見てみましたが、普通に取り扱いやすいレベル。
シート下のスペースは、タンデムシート下にETCが設置できる程度のスペースがあるだけ。
ヘルメットホルダーはしっかり使いやすそうなのがついてました。

カラーは、お店には置いてなかったですが、他に赤(ビビッドレッドカクテル)と、白(ブルーイッシュホワイトカクテル)があります。 

MT-07は軽さを持ち味に、楽しそうなバイクでした。

at 19:51, bikenori と bikenori夫, バイク

comments(6), trackbacks(0), pookmark

CB1300SB オイル交換とブレーキパッド交換

 忘れないように、記録だけ。
午前中のみ、時間の空いていたおっちゃんは、バイクを洗った後、バイク屋さんへ。

CB1300SB
 12300 km オイル交換
リアブレーキパッドの交換

行きつけのバイクショップにて。
お店の整備士の方々は、よく働く!!
オイル交換でも、必ず、空気圧やチェーンの状態までチェック&調整してくれるのでありがたい。
彼らがキビキビと動いてバイクを最適な状態にしてくれる限り、通い続けると思います。

at 13:25, bikenori と bikenori夫, バイク

comments(0), trackbacks(0), pookmark

NC700S で走ってみました

 タイヤの皮むき&慣らしの為、近所を走ってみました。

道の駅 紀の川万葉の里

R371から広域農道へ入り、ぐる〜っとのんびり走って「道の駅 紀の川万葉の里」へ。
帰りはR24の途中から広域農道へ、R371へもどり、グリーンロードへ。

慣らし運転で、ほぼ3000rpm以下に抑えようと、ゆ〜ったりした走り方でしたので、バイクの特性はあまりよく分かってません。 走ったの100劼らいですし。

だって… 低速トルクがあり、街中のゆっくり走行で4速・5速多用なんて、今までとの違いが大きすぎなので、一体何キロなら何速?っと探りながら走っていました。 
慣らしが終わるころに、このバイクの性格が正確につかめてくると思います。

車両重量215圓鬚箸討眇看曚靴討い泙靴燭、どうにか一人で取り回しができます。 (今までは半乾燥で170圓任靴燭里如¬45團▲奪廖)  数字よりは軽く感じます。
慣れれば、もっとスマートに押し引きできるようになるかな。

at 15:32, bikenori と bikenori夫, バイク

comments(8), trackbacks(0), pookmark

納車されました

 ついに、新しいバイクがやってきました。

本当は、土曜日の朝、夕方には納車できますとの連絡があったのですが、昼ごろから小雨が降り出し、日曜は台風が通過するし…。 そこで、本日にしてもらいました。

今日は晴れのはずだったのに、朝から天気悪…
今にも降り出しそうな空模様ですが、行ってきました。 セロー250に乗ってお店へ。
お店で、手続きと、バイクの取扱いの説明を受けて、出発です。

天気がマシになったらタイヤの皮むきでも…っと思っていたのですが、どうみてもお山の方はもっと天気が悪そうなので、素直に家に帰ってきました。 ほんの10劼曚描っただけ。

右からのスタイル

NC700S <ABS>

たぶん、大多数の人から「なぜに黒を?」って言われそうな、『グラファイトブラック』を選びました。

GIVIの車種別フィッティングをすでに付けてあります。
純正カスタムパーツのウィンドスクリーンに交換。
モリワキスキッドパッドを装着 (コレ、一番大事!) 
ローダウンもしてあります。

『快適ツーリング仕様』にしてみました。
黒なので、視認性の為のシールをあちこちに貼ってやろうと画策しています。

フロントからのスタイル

真新しい証…タイヤにしっかりラインが。

明日、晴れたら慣らしに出かけることにします。

at 20:09, bikenori と bikenori夫, バイク

comments(2), trackbacks(0), pookmark

やって来ました!! CB1300 SUPER BOL D'OR SPECIAL EDITION !!

トライアンフ・サンダーバード・スポーツからの乗り換えで、数あるバイクから悩みに悩んで選んだバイク…

 期間限定の注文生産のCB1300SB

2月20日の注文から待つこと、3ヶ月弱…

やっと本日、納車となりました。

お店でお披露目

パールホワイトが、まぶしい…
ちなみに、納車時のタイヤは、BRIDGESTONEでした。
我が家ではじめてのABS付き!!


なんか、最初っからついてるぞ??

オプション タンクパッド

ホンダのウィングマークのついたタンクパッドだ!! (いつの間に、注文しやがった??)
あとわかりづらいですが、スポーツグリップヒーターもつけてます。(しばらく出番はなさそうですけどね)
ETCは、前バイクからの移植。

オプション GIVIケース

GIVIケースも、パールホワイトで。
(2010年モデルからタンデムグリップの形状が変わったらしく、GIVIのベースも、'10〜適合用のものです。)

オプション モリワキパッド

コレも忘れちゃいけませんね。 モリワキパッド!!
転ばぬ先のモリワキパッドですから。 お世話にならずに済めばいいですね〜。

あと、まだ届いていないということですが、メッシュシートカバーも注文中だとか。


お店から家までの道のりで、サッと左車線へ移動しスピードを落とした車がいたらしい。 
確かに、バックミラーに映ったら、フロントスタイルは、一瞬、白バイと間違えるわなぁ…。 
(後ろや横からだとGIVIケースで一般人ってわかるけど。)



さあ、一息ついて、タイヤの皮むきも兼ねた、慣らし運転のスタートです。 
ついでに、MONSTER S2R も一緒に走ります。

内畑町から『ほの字の里』前を通過し、農業公園の横のものすごーく綺麗な快走路をゆったり流し…

農業公園前にて

緑の中の、白いバイク…
(MONSTER は、ミラーだけ写ってる…)

犬鳴経由で

万葉の里

道の駅 紀の川万葉の里へ

ちょこっと農産物を買って、いきなりGIVIケースが活躍。

この後は、京奈和道で、高野口IC→五條北ICを走り、水越峠経由で帰宅。

3000回転までと注意しながら走っていたらしい。
低速も粘るので、全く、ストレスは感じなかったそうです。

走行距離 約130km

タイヤの皮むきは完了。 
「ポジションがしっくりいくからエエわ〜」、との事。 ハンドルの高さや幅、ライディングの姿勢が、ものすごくあうらしい。
早くも、次の週末はどこを走ろうか考えているようです。

at 19:55, bikenori と bikenori夫, バイク

comments(4), trackbacks(0), pookmark

Address V 125S リコールと、GとSのアドレス比較

 昨日、こんなハガキが届きました。

お知らせハガキ

先月購入した、AddressV125S の無償修理のお知らせです。
非常に、細かく説明されているので、スズキさんの真摯な態度が伝わります。
新型の"S"は、発売から以来から半年弱ですが、早めに見つかって良かったと言っておきましょう。 

…実は、"G"モデルでも、以前、リコールがあったんですよ。 (我が家のGさんも対象車で、納車前だったので、チェックしてから納車してもらいました。) 
まぁ、きっちり直してもらえれば、後は安心して乗れますから…。

で、本日、電話にてリコール修理がすぐにできるか購入店に問い合わせた後、大丈夫との事だったので、行ってまいりました。
作業の方は、1時間ほどで終了。 この時間の中で、「1ヶ月点検もやっておきました〜!」ってことなので、リコール対象の修理作業だけだったら、もっと短いかもしれません。 
(ハーネスが切れてたりすると、もっと時間がかかるでしょうけど、位置を固定しただけで済んだらしい。)
対象車種の皆さんは、無償修理はお早めに。

*****

せっかく違うモデルのアドレスが2台あるので、アドレス比較をしてみましょう。
アドレスV125G と、アドレスV125S です。
我が家でも、2台目のアドレスを購入の際、お安くなったGか、やっぱり装備の嬉しいSか迷いましたから、違う箇所を比較しておきます。

アドレスV125は、『通勤』をメインユースにターゲットを絞った装備になっています。
GからSへの大きな装備の違いは…

1、『コンビニフック』から『かばんホルダー』へ

コンビニフック

Gの「コンビニホルダー」
おまけみたいなものですが、この引っ掛け部に取っ手をひっかけます。 当然ながら大きなかばんや持ち手の太いものはかけられません。

かばんホルダー

Sの『かばんホルダー』
これがスグレモノなんですわ。 

かばんホルダー開けるとかばんホルダー掛けると

上のパーツが、バネみたいに常にこのポジションに戻ろうとするので、こうやって(赤い棒を使ってます)広げてかばんの取っ手を掛けると、こんな風にパシッとホールドしてくれます。(適当なかばんが近くになかったので、写真では紙袋ですが…)
これで、かなり太いかばんの取っ手でも大丈夫。 通勤かばんががっちり掛けられます。 
ちょっとしたことのようですが、か〜な〜り便利。 

2、メーターパネル

GのメーターSのメーター

左がG、右がS (表示ページの幅が狭いと写真が上下に表示されます。上がG、下がS)
カーポートが写りこんで見難いですが…

Gはアナログで、時計もないし、積算計しかないので、給油後「0」にして燃費を計算したり、本日の走行距離は…なんてことができません。
Sは、右の方のデジタル表示の部分が、スイッチONで時計、積算距離、ガソリン残量が表示され、右のポッチを押すと、オドメーターが1と2と現れ、0にリセットできて、色々と使えます。
時計って大したことなさそうですが、実は無いと不便で、結局、Gにはバイク用品店で防水仕様のデジタル時計を購入し、取り付けています。 リセット機能のオドメーターも無いと案外不便なんですよ。 この2つの機能の追加も、きっと「欲しい!」の要望からついたのでは??

GもSも、盗難防止のアラームつきです。(SのBASICバージョンには、盗難防止装置がついていないそうです。)

あと、タンク容量や足を置くスペースなど、細かい部分が変更されています。 こういうのは、カタログで比較できますので、はしょります。 乗っていると、あんまり違いを感じないし…。

新車購入の際に、キャンペーンでもらえるトップケースもちょっと形が違います。

GのトップケースSのトップケース

容量や使い勝手は、ほぼ一緒っぽいです。 微妙に鍵の開け閉めが違いますが、慣れれば同じようなもの。 

購入の際に、あまり選択のポイントには入らないでしょうが、一応、正面の顔の比較も。

Gの正面顔Sの正面顔

左がG、右がS。 Sは、ウィンカーライトの位置が下に来てます。
正面顔は好みですが、ヘッドライトはSの方が明るい。

これで、お値段的には、メーカー価格で¥4200の差。 ただし、値引きは、Sが出たお陰で、Gはかなり引いています。 
あと、Gのダッシュ力はスゴイです。 Sは少しマイルドになっています。

こんなところでしょうか。
以上、アドレスV 125G と 125S の比較でした。

at 21:32, bikenori と bikenori夫, バイク

comments(0), trackbacks(0), pookmark

さようなら CRM80  そして、新型!『アドレスV125S』がやってきた

 CRM80
ブログにも数回しか登場しませんでした。

オフロードやトレッキングのスクールに参加して、その楽しさに目覚めて、小さなサイズのオフ車だと、かなり遊べるんじゃないかと思い購入しましたが、近くでそんなに遊ぶところがないことがわかりました。 (要は、乗っていくところが無いんです。)
タンク容量が小さいので、遠くまでわざわざ舗装路を走って、というのも面倒だし…。

左スタイル

ほとんど乗らないまま、手放すことにしました。
バイクも、ちゃんと乗ってもらえる人の元に行った方が幸せでしょうから。


11月7日、CRMを手放すのを機に、125ccのスクーターを購入しました。

その注文したスクーターが、本日やってきました。

ジャジャ〜ン!!

AddressV125S  

新型 Address V 125S
新車購入なので、キャンペーン中の、トップケースもついてますよ〜!

おっちゃんの通勤用に、AddressV125Gを1年ちょっと前くらいに購入しましたが、「これがついてたらなぁ…」と思うようなよのを全て満たしたものが新型として発売され、欲しくなってしまったらしい。

 その魅力的な改良点は…

1、時計が付いてたらな… 
 “G”バージョンは時計がありませんでした。 通勤使用では、欲しいらしくて、バイク用品店で購入し、取り付けていました。 
新型Sには、デジタル時計が!!! …やっぱり、みんな、欲しかったンでしょうね。
2、カバンがかけられたらな…
 “G”には、コンビニフックなる出っ張りのようなフックしかありませんから、シート下やトップケースに入らない大きめのカバンはショルダーで斜めがけするしかありませんでした。
新型Sには、カバンの取っ手がうまくかけられる「かばんホルダー」がつきました。 …これも、やっぱり、みんな、欲しかったンでしょうね。
3、リセットできるトリップメーターが、ついていれば…
 “G”には、トータルの距離を示すメーターしかない為、その日の走行距離や、給油のタイミングなどがわかりにくかった。
新型Sには、2つもトリップ・オドメーターがつきました。 …これも、やっぱりね。

そのほかにも、メーターがLED化されて見やすくなったり、ヘルメットホルダーが2つになったり、色んな改良がされています。 (夕方に納車でしたので、細部の写真は撮ってません。 また、後日。)

AddressV125S 正面

イモビラライザーの付いた、125S です。
(ちょっとお安い“ベーシック”の方は、イモビライザーなしで、フロントウィンカーライトがアンバー色のウィンカーレンズになります。)

乗り味は、一言で言うと、「かっしりしてる」。
我が家のGと比べると、やっぱり新型、かっしり、作られてるなぁと実感できます。
ただし、ダッシュ力は、マイルド。 Gのような125ccと思えないような強力なダッシュ力、加速力と比べるとやや劣りますが、その後の速度は同じくらい速い速度で走れます。


…じゃ、古い方の(と言っても、1年ちょっと前に新車購入したんですけど…)アドレスはどうするのかって?
私のものになりました。 お買い物に、近所の用事に、走り回ってくれそうです。

at 21:25, bikenori と bikenori夫, バイク

comments(0), trackbacks(0), pookmark