スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

車で行く熊野詣〜2日目〜 ホテル浦島で温泉三昧と、ちょっと奇岩めぐり

早朝目が覚めて、また、温泉巡りのスタートです。

また、お風呂の営業時間の表を見ながら、入れる温泉、気に入った温泉を湯めぐり。 

 

朝食もバイキング。

 

朝食も、豪華食材はありませんが、まぁこんなもんかな、という感じ。 

食後は、この後の計画。 ホテル内で太地や串本の観光パンフレットをもらってきて、色々と考えたのですが、まだ夏休みなだけに、子供が楽しめるプログラムのあるところは混むかもなぁ…ということで、イルカショーのある「くじら博物館」や、「串本海中公園」もやめておこうということになり、地味〜な奇岩巡りドライブということになりました。

 

帰りの亀さん船

 

帰りも、この亀さん船が対岸まで運んでくれます。

 

『和歌山県観光ガイド&マップ』の紀南エリアに載っていた、『牡丹岩』・『一枚岩』を見に行くことに。

助手席でgoogle mapのナビを使いながら私がナビ。

「国道42号」を走っていて一枚岩方面へ曲がったら、なぜか「道の駅 虫喰岩」→の標識につられて、虫食岩が何かわからないまま、虫喰岩を見に行くことに。 

 

道の駅虫喰岩

 

道の駅 虫喰岩

 

とりあえず駐車場に停めてみて、車から降りて向かいの山を見てみたら…

 

虫喰岩

 

目の前の山の斜面が「虫喰岩」でした。

突然目の前に、想像より大きい奇岩が出現して、感動。

国の天然記念物に指定されているそうです。

 

次は牡丹岩へ。

走っていると、いきなり駐車できるスペースが設けられていて、「牡丹岩」の案内板が。

注意していないと通り過ぎてしまいそうです。

 

牡丹岩

 

牡丹岩

 

牡丹の花に似ているかどうかは別にして、こちらも風化によってできた奇岩です。

 

一枚岩は、途中にも案内表示が出ているのでわかりやすいです。

 

道の駅一枚岩

 

道の駅 一枚岩

 

牡丹岩

 

この岩が一枚の岩でできているというのはスゴイ。

あまりの大きさに全体を写真では写しきれませんでした。

また、岩の下を流れる川がとても綺麗なので、川遊びの家族も何組か居ました。

道の駅から階段ですぐに川原に降りられるので、景色を眺めて、きれいな水でちゃぷちゃぷ遊ぶのに良いとことでもあります。

 

行っていませんが、一枚岩の近くには、飯盛岩、天柱岩、というのもあるそうです。

 

「国道42号」へ入り…

 

道の駅すさみ

 

道の駅 すさみ

最後の休憩。

 

道の駅すさみ

 

人が多かったです。 

 

ここからは、一気に走ります。

「すさみ南IC」から紀勢自動車道の無料区間を走り、阪和自動車道〜御坊湯浅道〜阪和自動車道で帰ってきました。

渋滞もなく、お昼過ぎに帰宅。

 

車で涼しく、温泉も堪能した熊野三山の旅、楽しかったです。

at 20:33, bikenori と bikenori夫, ドライブ

comments(0), trackbacks(0), pookmark

車で行く熊野詣〜1日目〜 熊野三山とホテル浦島でお泊り温泉三昧

久しぶりに、温泉三昧のお泊りツーに行きたいなぁということで、1ヶ月近く前から計画し、もしも雨なら車で行ってホテルでどっぷり温泉を楽しめるところ…ということで、那智勝浦の『ホテル浦島』に予約していました。

日帰りで帰れるところをお泊りするので、時間はたっぷり。 熊野三山、熊野本宮大社・熊野速玉大社・熊野那智大社を巡ろうと楽しみにしていました。

ホテル浦島は、約1年半前、やはり1泊でツーリングを計画しましたが、土砂降りの雨の為、車で行っています。 今度こそ、バイクで! 天気予報も晴れ! 楽しみにしていあのですが…

 

前日になって、私、まさかのぎっくり腰 

動けない状態じゃないですが、バイクでは無理と判断…。 折角の晴れなのに、車で出かけることになりました。

 

 

6時出発。

国道168号で向かいます。

 

道の駅吉野路大塔

 

最初の休憩は、道の駅吉野路大塔

 

道の駅十津川郷

 

次の休憩 道の駅十津川郷

 

広い十津川村を縦断し、熊野本宮大社へ。

駐車場は、世界遺産センター前の駐車場(無料)に停めました。

 

熊野本宮大社

 

熊野本宮大社

 

熊野本宮大社石段

 

まだ人はまばらです。

熊野本宮大社の刺繍が入った御朱印帳を購入し、御朱印をいただきました。

 

熊野本宮大社

 

何度来ても思いますが、熊野本宮大社は空気が違います。

 

熊野本宮大社

 

大斎原

 

大斎原にもお参りしました。

 

大斎原

 

大斎原

 

熊野本宮世界遺産センター

 

駐車場に戻ったら、世界遺産センターを見学。

 

熊野本宮世界遺産センター

 

広いセンターに見学者は私たちのみ。

世界遺産に認定されるためにはこういう展示施設も必要なんでしょう。 めちゃめちゃ涼しかったです。

 

次は速玉大社のある新宮目指します。

 

道の駅瀞峡熊野川

 

道の駅 瀞峡街道熊野川

 

熊野川

 

大きく、ゆるやかに流れる熊野川

 

熊野川

 

2011年の紀伊半島の大水害の慰霊碑もあります。

車の右の茶色の塔の上の赤いラインのところまで水位が上がったそうです。

 

世界遺産熊野速玉大社

 

熊野速玉大社へ。 参拝者用の駐車場(無料)に停めました。 

 

熊野速玉大社

 

熊野速玉大社

 

熊野速玉大社梛木

 

御神木の梛(なぎ)

 

熊野速玉大社

 

熊野速玉大社


速玉大社でもご朱印をいただきました。

 

那智山へ向かいます。 

那智山は、麓には広い無料駐車場があります。 那智山を上がると御瀧神社前にほんの数台分の無料駐車場がありますが、なかなか倍率が高いです。(昨年春に訪れた時には、運よく1台分空いていて留められました。)

やはり開いていなくて、那智大社参道前のお土産屋さんの無料駐車場に停めさせてもらいました。 

 

熊野那智大社参道

 

那智山参道の石段を入ってすぐのところにこんなものが。

この小屋下で記念写真が撮れるようになっていました。

 

熊野那智大社参道

 

気温も上がり、汗だくです。

 

熊野那智大社鳥居

 

熊野那智大社の鳥居。

ここでへばりそうですが、まだあとひと踏ん張り石段が続きます。

 

熊野那智大社鳥居

 

次の鳥居で石段が終わります。

ぎっくり腰の余韻の残る私でも、登りきれました。

 

熊野那智大社

 

熊野那智大社

 

熊野那智大社

 

熊野那智大社でもご朱印をいただきました。

 

 

青岸渡寺

 

すぐ隣が青岸渡寺。

西国三十三所の一番札所です。 昨年、青岸渡寺から西国巡礼をスタートしました。

 

青岸渡寺からの那智の滝

 

青岸渡寺から三重塔と那智の滝が見え、記念撮影ポイントになってます。

 

三重塔と那智の滝

 

青岸渡寺から飛瀧神社への途中に三重塔があり、滝と並んだ美しい景色になっています。

 

この後は高さがまちまちの石段の道を降りていきます。 バス停を通り過ぎると…

 

御瀧神社

 

飛瀧神社へ。 鳥居の先も石段が続きます。

 

 

那智の滝

 

那智の滝

たくさんの方が手を合わせていました。

 

熊野三山のお参りは完了。 駐車場へ戻ります。

 

和か屋本店

 

こちら「和か屋本店」の駐車場に停めさせてもらいました。(無料)

お店の中は色んなお土産物が並んでいます。

 

お滝餅

 

入って左手のスペースが「お滝もち茶屋」になっていて、飲み物がいただけます。

汗だくになって喉もカラカラ、お腹も空いたし「お滝餅」とお茶のセット(¥200×2セット)を注文。

注文してからお餅を焼くのでお餅が出てくるまで少し時間がかかります。が、冷たいお茶を大きな急須で先に出してくれるので、涼しいところで冷たいお茶を頂いて、暑い中歩いてきた疲れを癒せほっとできました。 1人前2つの「お滝もち」。 餡を薄いお持ちでくるんであります。 疲れた時には甘いもんが嬉しい。 素朴で美味しゅうございました。

 

この時点で1時過ぎだったのですが、さて、この後どうしよう。 晩御飯はバイキングのプランで予約してるから中途半端な時間に食事をとのもなぁ…となり、予定より早くもう、ホテルに入って温泉を楽しもう!ということになり、ホテル浦島の駐車場へ。

ホテル浦島は、車を駐車場に停めてから送迎のバスで船乗り場まで運んでもらったら、船でホテルまで移動します。

 

ホテル浦島へ

 

ここから船に乗ります。

 

ホテル浦島全景

 

対岸に見えるのが「ホテル浦島」 山の上の建物も込みです。 ものすっごく広いです。

 

お迎えの亀さん船

 

来た来た! お迎えの船です。

載ってる時間はちょっとなのですが、この船の移動で、非日常感を盛り上げようとしてるんでしょうね。

平日なのに船は乗客で満杯。 夏休み最後の旅行なのか小学生くらいまでの子供連れファミリーがいっぱいです。 その時知ったのですが、ホテル浦島にはプールもあるんですね。 

 

ホテル浦島

 

2時からチェックインできるので、すぐに、チェックイン。

夕食は5時半からで予約。

 

さあ、夕食までの時間が最初の温泉タイム!!

 

残念なのですが、現在『山上館』が工事中のため、『遥峰の湯』が利用できません。

それ以外に4ヶ所あるのですが、営業時間が異なるため、作戦を練らなければいけません。 それに、ホテルがやたらと広いので、温泉もあちこち離れています。 男湯と女湯も営業時間が異なるので、部屋で解散してそれぞれ湯めぐりへ。

 

結局、私もおっちゃんも、夕食の時間までに、4か所全て巡ってました。 それぞれ、少しずつお湯の特徴が違います。 

いやぁ〜、満喫しました。 

 

夕食のバイキングですが、内容的には、豪華な食材は見受けられませんが、ファミリーでも楽しめるように、バラエティーに富んでいました。 アルコール類、特別な料理は有料で注文できるようになっていました。

 

途中でイベントが始まりました。

 

まぐろ解体ショー

 

マグロの解体ショー!!

 

まぐろ解体ショー

 

地元で上がったマグロを目の前でさばいて、振舞ってくれます。

が、私たちは、もうお腹がいっぱいになていたので、さばき終わる前に食事は終わってました。

 

食後にも、また、気に入った湯へ。

 

日中、たっぷりと歩いた疲れと、湯上りの心地よさで、気持良〜く休みました。

at 21:27, bikenori と bikenori夫, ドライブ

comments(0), trackbacks(0), pookmark

真夏の早朝温泉ツー 高野龍神スカイラインで龍神温泉元湯へ

暑さに弱いんですよ。 でも、久しぶりに温泉にも浸かりたいし…。

そこで、真夏の恒例早朝温泉ツー!

 

6時頃出発。

「国道480号」鍋谷トンネルを走り抜け、そのまま高野山へ。 大門前は直進の「国道371号」で高野龍神スカイラインへ。

すいてるスカイラインをのんびりと楽しみながら走ります。

 

花園あじさい園

 

花園あじさい園。

あじさいの花は、中には綺麗に咲いているものもありましたが、ほとんど終わりの感じでした。

 

そのまま、龍神温泉へ。

 

龍神温泉元湯

 

8時20分頃到着。

 

龍神温泉元湯

 入浴料  大人¥700

 営業時間 7:00〜21:00

フロントのすぐ横に貴重品ロッカーあり(¥100返却式)

脱衣場の靴ロッカー、脱衣ロッカーは以前は¥100返却式だったように記憶していましたが、硬貨自体が必要ないロッカーになっていました。 (脱衣場に百円玉を持って行く必要が無くなりました。)

 

三大美人の湯

 

龍神温泉は美人の湯。 日本三美人の湯が…

 龍神温泉 (和歌山県田辺市)

 川中温泉 (群馬県東吾妻町)

 湯の川温泉 (島根県出雲市) だそうです。

 

何度も訪れているので、お湯の様子は過去記事をご参考に。

女湯は、私は入った時に一人出て来られて、私が出るときに一人入って来られ、実質、広〜い内湯も露天も貸し切り状態でした。

男湯は、「なんかライダーの人ばっかしやった!」って笑ってました。

 

帰りは来た道を戻る形でまた、高野龍神スカイラインへ。

なぜか、たくさんの白バイとすれ違います。 事故があったわけでもなく、赤色灯を回すでもなく、結局8台の白バイとすれ違いました。 

高野山から降りてきても、もうどこにも寄らず、一気に帰宅。

11時20分頃には家に帰りつきました。

 

総走行距離 約205km 

 

龍神温泉元湯は、朝早めに行くとお客さんも少なくてゆったりとできます。 良いお湯でした〜。

at 20:46, bikenori と bikenori夫, ツーリング

comments(2), trackbacks(0), pookmark

車で行く≪西国三十三所≫ 圓教寺、 一乗寺

本日も曇り空です。

車で西国巡礼に。 西国第二十六番 書寫山圓教寺、 第二十六番 一乗寺。

 

円教寺へは、書寫山ロープウェイで登ります。 (すっごい登山する気なら徒歩でも行けるらしいですけど…)

まずは、ロープウェイの山麓駅駐車場へ。 

 

山麓駅駐車場

 

広いです。 駐車料金はタダ。

 

駐輪スペース

 

駐輪スペースも小さいですがありました。

 

ロープウェイ券売機

 

ちょこっと歩いてロープウェイの山麓駅へ。 この券売機で切符を購入。

大人往復¥900

始発の8時半の便にはギリギリ乗れませんでした。 15分おきに出ているので、次のに乗りました。

 

ロープウェイ

 

こちらがゴンドラ。 姫路城のマスコット「しろまる姫」描かれています。

写真では比較がないので小さそうに見えますが、最大乗車人数71名。(ガイドさんが1人乗って、景色やお寺さんの説明をしおてくれました。)

 

ロープウェイ

 

途中で連れ違うのですが、もう一方のゴンドラには「かんべえくん」

ガイドさんのお話によると、圓教寺では、ドラマ「軍師官兵衛」や映画「関ヶ原」のロケ地にもなったそうです。

 

山頂駅へは約4分で到着。

山頂駅を出たら、志納所があり、そこで入山料を納めるのですが、ここからでも本殿までは徒歩で結構歩かなければいけません。

志納所のすぐ前から有料のマイクロバスが本殿のすぐ近くまで出ています。 迷わずバスで行くことを選択。 

 

入山志納金¥500 山上マイクロバス特別志納金¥500  合計¥1000×2名分を志納所で納めました。

めっちゃ細いクネクネ道をマイクロバスで登って到着。

 

円教寺

 

円教寺

 

階段の上に見えるのが摩尼殿。 

 

円教寺

 

建物の下部分が「舞台造り」になっています。

 

円教寺

 

こちらでご朱印をいただきました。 

 

円教寺

 

大講堂

 

円教寺

 

食堂

 

円教寺

 

食堂の構造がなんかスゴイ。

 

円教寺

 

常行堂 (国指定重要文化財)

 

大講堂、食堂、常行堂はコの字に並んでいます。

 

円教寺

 

鐘楼

 

円教寺

 

 

円教寺

 

金剛堂

 

円教寺

 

護法堂

 

円教寺

 

圓教寺はどの建物も、木造の造りが素晴らしかったです。

 

山上駅

 

帰りのロープウェイは山上駅から。 また、4分の空中散歩で下界に戻ってきました。

 

 

次は、法華山 一条寺に向かいます。

下調べはしてきましたが、スマホのgoogleナビをたよりにほぼ迷わず到着。

一乗寺の駐車場は、環境整備協力金として¥300。

 

一乗寺

 

西国第二十六番 法華山 一乗寺

 

一乗寺

 

ひえ〜っ!階段が〜!!とビビりましたが、きちんと整備された階段は歩きやすくて登りやすい合ったです。

 

一乗寺

 

常行堂

 

一乗寺

 

三重塔

 

一乗寺

 

本堂

 

一乗寺

 

山の上の本堂から三重塔を見る

 

一乗寺

 

鐘楼

 

一乗寺

 

一乗寺も素敵なお寺でした。

 

 

お参りを終えたら、帰りがてらランチに寄ります。

加古川名物「かつめし」を食べにGO!

 

「コーヒーハウス ロッキー」

たくさん台数が停められる駐車場がお店の前・横にありますが、12時頃で満車状態でした。 端っこが空いていたので停められましたが、お店は3組くらい待っている状態。 少し待ちました。

 

メニュー

 

二人とも、当店おススメのビーフカツめしを。 ¥880+税

 

ビーフかつめし

 

ビーフカツめし

 

ごはんの上にビーフカツ、デミグラスソースをたっぷりかけてあり、茹でたキャベツを添えてある、定番のかつめし。

このソースの味で白ごはんがすすみます。

コーヒーハウスだけあって、喫茶店の食事メニューという感じ。 お肉が凄く薄くてビーフは存在感があまりありません。

まぁ、地元で気楽に食べられているものなんでしょう。 ほとんどのお客さんはこのビーフカツめしを注文されてましたから。

地元メシをいただいたら、後は一気に帰宅。

 

at 21:00, bikenori と bikenori夫, ドライブ

comments(0), trackbacks(0), pookmark

おっちゃん一人旅 湯の峰温泉と、「ゆず夢」のケーキ

「温泉に行ってくる」と言い残し、おっちゃんが出かけていきました。

湯の峰温泉に行って来たらしい。

 

道の駅大塔

 

「道の駅 大塔」で最初の休憩。

その後、十津川、本宮と走り抜け… 

湯の峰温泉へようこそ
湯の峰温泉へ。
湯の峰温泉
入浴は、湯の峰温泉公衆浴場へ。
湯筒
湯筒 
湯船
今日も、通常の「公衆浴場」(薬湯じゃない方)
浴室
「かけ湯」(かかり湯?)ができていました。
ずーっと貸し切り状態で、ゆっくりできたらしい。
ゆず夢
龍神経由で帰って来ようと走ってたら、暑くなってきたので休憩。
あちらに見えるのが「道の駅 龍神」
ゆず夢
休憩は、「ゆず夢」で。
ケーキ&ドリンクバー
パン類の何かを注文しようと考えていたのに、パン類が全てメニューから無くなっていたらしい。
そこで、おいしそうだったチョコのケーキと、飲み放題ソフトドリンクを注文。 休憩して涼んだら元気復活。
龍神スカイラインを楽しみながら帰ってきました。
総走行距離 約300km

at 20:46, bikenori と bikenori夫, ツーリング

comments(0), trackbacks(0), pookmark

車で行く《西国三十三所》 播州清水寺 東光山花山院菩提寺(番外) 中山寺

西国巡礼に出かけようと計画していました。 調べてみると中山寺がバイクを停めるところが無さそうだし、何より暑いし、車で出かけることにしました。

本日お参りするのは、西国第二十五番 御岳山 播州清水寺、 西国番外 花山院菩提寺、 西国第二十四番 大本山 中山寺。

 

阪和道→近畿道→中国道→舞鶴若狭道と走り、三田西ICで降り、「県道141号」へ。

 

播州清水寺の案内板に従って進み、登山道路へ。

 

清水寺登山道路 ゲート

 

このゲートで料金を支払います。 (この写真は帰りに撮ってます。 往きはお金用意したりで写真撮ってる余裕がなかった…)

拝観料込みで、一人¥500。(2人乗ってるので¥1000支払いました)

駐車場の料金はかかりません。

 

ここまでも、結構ワインディングですが、ここから先、急こう配でクネクネ道です。 でも、舗装路で車がすれ違える道幅もあるので、ヒヤヒヤするほどの道ではありません。

 

播州清水寺 駐車場

 

山頂駐車場

 

播州清水寺 仁王門

 

西国二十五番札所 播州清水寺

 

西国石標

 

 

大講堂

 

お参りをして、御朱印をいただきました。

 

根本中堂

 

鐘楼

 

 

駐車場まで戻ったら、花山院へのルートを確認し、出発。

 

 

東光山花山院菩提寺

 

東光山 花山院 菩提寺

 

お寺の駐車場があります。 参道護持協力金ということで、¥500。

御朱印をいただく時に一緒にお支払いします。

 

御朱印をいただき、番外とは? 西国三十三所とは? と、詳しいお話をしていただきました。

 

景色(有馬富士)を望む

 

山の上にあるので、景色が素晴らしいです。 左の方の山が有馬富士だそうです。 季節によって雲海も見ることができるそうです。

 

 

次は、中山寺へ。 中山寺はお寺の駐車場というのは無いので、近隣の民営駐車場に停めることになります。 すぐ近くからそこそこ離れたところまで、場所も料金もさまざまなので、下調べしておきました。

安いところは人気があると見えてどこも満車。ちょっと入り込んだお安めのところに停めました。

 

中山寺

 

西国二十四番札所 中山寺

 

ものすごく立派なお寺さんでびっくり。

安産のお寺さんだけあって、妊婦さん、赤ちゃんを連れたお母さん&おばあちゃまがたくさんお参りされてました。 

また、そういう方がたくさん参拝されるので、エスカレーター、エレベーター完備。 

 

中山寺

 

エスカレーターで上がってくると、立派な五百羅漢堂、五重塔が見えてきます。

エスカレーターのすぐ右の建物が納経所で、御朱印をいただけます。

 

でも、まずは、お参り。

 

東光山花山院菩提寺

 

中山寺

 

本堂

 

中山寺

 

中山寺

 

何ヶ所か参拝記念の写真が撮れるスペース作られていました。団体で来たら、こういうところに並んで写真撮るんでしょうね。

蓮が咲いていました。 

 

最後にご朱印を頂いて、参拝を終えました。

 

 

近くに美味しいというパン屋さんがあるらしいので、寄ってみることにしました。

 

ベーカリーHANA

 

ベーカリー ハナ

中山寺のすぐ近くです。 おいしそうなパンがいっぱい並んでいました。 ランチ用に購入しお持ち帰り。

 

阪神高速で一気に帰宅。 

ランチは、自宅でhanaのパンを美味しくいただきました。

at 20:49, bikenori と bikenori夫, ドライブ

comments(0), trackbacks(0), pookmark

車で行く《西国三十三所》 勝尾寺&総持寺

天気もさほど良くないし、車で出かけよう。

どうせなら、車じゃないと行きにくいところへ、と考え、西国三十三所のひとつで、箕面の二輪通行禁止の道を通らないといけない『勝尾寺』に行こうということに。

 

箕面の「府道4号」と「府道43号」の一部が二輪通行禁止。 

調べたところ、警察に事前に申請して通行許可を取ったら二輪で通行できるということでした。 が、面倒なので、いずれ車で行こうと計画していました。 

秋の紅葉シーズンは大混雑でゆったりお参り無理でしょうから、この機会に行くことに。 

 

勝尾寺

 

西国二十三番札所 勝尾寺

 

勝尾寺は、すぐ前が駐車場です。(2時間まで¥500、以降1時間ごと¥100)

(たぶん、バイクで来ると想定されていないので、バイク駐輪場は見かけませんでした。)

 

お休み処「花の茶屋」(お土産販売と飲食・休憩所)の内に総合案内書があり、入山時には、建物の横の窓口で入山料¥400×2名分を支払い入山券とリーフレットを頂いて、お参りへ。 (出るときには、建物内に入ってから出る順路になっていました。)

 

勝尾寺

 

山門

 

勝尾寺

 

大きな池があり、立派な鯉がたくさん泳いでいました。 滝までつくられていました。

 

勝尾寺

 

山門入って左手の池には、ミストがたっぷりまかれていて、幻想的な景色が。

暑さ対策なのかもしれませんが、一瞬、おおっ!っと驚きました。

 

勝尾寺

 

あちこちにだるまさんが。

 

勝尾寺

 

多宝塔

 

勝尾寺

 

勝ちだるま

 

勝運の寺ということで、人生の色々な場面での成功を祈願して納めるそうです。

 

だるま

 

参拝順序(ルート)の案内板通りにお参りし、ご朱印をいただきました。

 

あちらこちらに本当にたくさんのだるまさんが並んでいます。 こちらの小さなだるまさん、おみくじで、選んだあと中のお神籤札を読んだら、結んでいくのと同様に境内に置いてお寺さんにお願いするようです。

 

勝尾寺

 

二階堂

 

スロープ

 

上りは階段で、下り(帰り)はスロープが整備されていました。 お年寄りや車いすの方でもお参りしやすくつくられていました。

 

あじさい

 

あじさいが綺麗に咲いていました。 もみじがたくさんあったので、きっと秋には素晴らしい紅葉になるのでしょう。

 

弁財天

 

弁天堂

 

 

お参りを終え、駐車場に戻ったら、まだ時間もたっぷりあるし、総持寺に行こうということになり、スマホのナビをたよりに出発。

住宅街の細い細い道に誘導され、あちこち迷わされ、やっとたどり着いた総持寺の駐車場。

住宅街の入り組んだところなので、しっかり予習してから来た方が良かった…。 かなり、迷いました。

 

総持寺

 

西国第二十二番札所 総持寺

 

総持寺

 

総持寺

 

総持寺

 

総持寺

 

拝観料が不要でした。 

 

総持寺

 

蓮

 

参拝し、御朱印を頂きました。

蓮の花が咲いていました。 

 

後は、どこにも寄らず帰宅。 お昼にはお家到着。

 

at 21:30, bikenori と bikenori夫, ドライブ

comments(0), trackbacks(0), pookmark

紀美野町 メロディーロードと紀の川万葉の里 …入れなかった『だるま湯』

おっちゃん、温泉でほっこりしたくなったらしく、一人で近場の温泉ツーへ。

 

お気に入りの『西吉野 きすみ館』が改修工事のため長期休業中なので、どこに行こうか考えて、『だるま湯』に決定。

 

のどかな紀美野町を走り…

 

メロディーロード

 

紀美野町メロディーロードで記念撮影

車が通ると『♪見上げてごらん〜 夜の星を〜♪』が聞こえるんですが、バイクだと残念ながら聞こえないんですよね。(聞き取れないというか…微妙に音は鳴るんですけど。)

 

で、だるま湯到着! いざ温泉へ!! …と玄関に行くと、日帰り入浴は平日のみに変更されてた!!!!!

どうも、宿泊の方に力を入れるようで、週末は入浴のみの利用ができなくなっていました。

あまりのショックで、落胆のあまりその「お知らせ」の写真を撮るのをすっかり忘れてしまったらしい。

いやぁ〜、残念です。

 

紀の川万葉の里

 

で、肩を落としながら、紀の川万葉の里で休憩して帰ってきました。

 

 

ネタになるほどのツーリングではありませんが、『だるま湯』の平日限定に変更されてたお知らせとして、記録しておきます。

 

 

at 21:28, bikenori と bikenori夫, ツーリング

comments(0), trackbacks(0), pookmark

アルプス展望道路を走ろう 長野1泊ツーリング 〜2日目〜

朝5時出発。

こんな早朝出発する旅には、ビジネスホテルが重宝なんです。

 

諏訪で給油したら、ビーナスラインに入り…

 

蓼科湖

 

蓼科湖

朝早いから人も少なくて、静かです。

 

女の神展望台

 

今日も天気が良いです。

 

景色

 

良い景色です。

 

景色

 

女神湖

 

女神湖

 

女神湖

 

 

白樺湖

 

白樺湖

 

ビーナスライン

 

ビーナスライン 

 

道と景色

 

富士山が

 

肉眼では富士山が良く見えました。

(写真じゃうっすらですが…レバーの真上)

 

富士山が

 

富士山見えてます!!!

 

富士山と山々

 

富士見台から見る富士山

 

美ヶ原高原美術館

 

美ヶ原高原美術館

まだ開いていませんでしたが、ここからの景色も抜群ですね。

 

駐車場からの景色

 

山が美しい!

 

早朝出発のおかげで道がすいていたため、予定より時間が余りました。

おっちゃんが行ってみたかったという高原へ行くことに。

 

岡谷ICの近くの「高ボッチ高原へ」。

途中迷いながら、何度か停まってグーグルマップを見たりして、ここか???と疑いながら進みます。

というのも、地図では「高ボッチスカイライン」なんて名称が書かれていますが、「誰がスカイラインと名付けた??」というくらいの細い景色があまり楽しめない道が続きます。

 

そこを過ぎて、高原の駐車場にバイクを停め、そこから歩きます。 

 

高ボッチ高原

 

高ボッチ高原

 

こんな道を約10分歩くと…

 

高ボッチ高原頂上

 

頂上です。 皆さん、どんな写真を撮っているのかというと…

 

高ボッチ高原からの眺望

 

諏訪湖一望、向こうにはアルプスと富士山

 

高ボッチ高原からの眺望

 

素晴らしい景色が待っていました。

 

 

さあ、渋滞回避のため、早めに帰路につきましょう。

岡谷ICから長野自動車道〜中央自動車道へ

 

駒ヶ岳

 

駒ヶ岳SAでランチ。

 

駒ヶ根名物ソースかつ丼

 

おっちゃんは、駒ヶ根名物ソースかつ丼 ¥1320

 

2種類のソースかつ丼

 

私は、控えめサイズの おてごろソースかつ丼 ¥1180

並べてみました。 右が私の「ひかえめ」。 予想よりひかえてない! たっぷりありました。

 

厚いトンカツなのですが、とってお柔らかく、甘めのソースたれが食欲をそそり、美味しくいただきました。

 

 

内津峠PA

 

中央自動車道〜名神へ

 

 

伊吹PA

 

名神〜京滋バイパス〜第二京阪へ

 

最後に、京田辺PAで休憩し、近畿道〜阪和道と走り、帰ってきました。

4時過ぎに帰宅。

 

2日間の総走行距離 約1145km

 

天候に恵まれ、美しい景色に楽しい道、とても満足なツーリングでした。

 

 

at 21:28, bikenori と bikenori夫, ツーリング

comments(0), trackbacks(0), pookmark

アルプス展望道路を走ろう 長野一泊ツーリング 〜1日目〜

ゴールデンウィーク真っ只中。 渋滞回避のため、早朝出発です。

朝、4時頃出発。

 

阪和道〜近畿道〜第二京阪〜京滋バイパス〜名神へ

 

 

6時頃

 

ちょっと雲が多くてスカッとは晴れていません。

 

神坂

 

8時頃 神坂PA

まだ雲がかかっていたり、霞んでいる感じ。

 

小牧JCTから中央道へ。

 

梓川

 

梓川SA (9時半頃)

このあたりから青空が広がりました。 

 

景色

 

メチャクチャ良い天気になり、景色がすっごく綺麗に見えています。

 

麻績ICで降りて

 

道と景色

 

CBの向こう、桜がきれいに咲いています。

雪の残る山々の景色もきれいだし、あちこち、まだ桜が咲いています。(桜の種類はわかりませんが…)

 

芦ノ尻の道祖神

 

芦ノ尻の道祖神

 

芦ノ尻の道祖神からの景色

 

こちらの道祖神のすぐ横の駐車場からの眺めが絶景です。

 

芦ノ尻の道祖神からの景色

 

芦ノ尻の道祖神からの景色

 

道と桜

 

あちこち桜が咲いていて、記念撮影しながらの走行です。 車も少なく、走りやすいです。

 

麻の館

 

ランチはこちら、「麻の館」 お蕎麦屋さんです。

 

麻の館

 

店の前と、横に駐車場があります。

混んでいました。 名前を書いて順番待ちし、15分くらいで座れたかな。

 

店の前の景色

 

お店の前の景色。

 

メニュー1

 

メニュー

 

メニュー2

 

お茶とお茶うけ

 

おちゃとお茶うけの浅漬け。

 

そば

 

おっちゃんは、天ざるそば、私はざるそば。

注文の品が出てくるまで少々時間がかかりましたが、揚げたてサクサクの野菜の天ぷらも、蕎麦も美味しかったです。

蕎麦湯はさらっとしてました。

麻の館は、1階がお蕎麦屋さんで、2階が麻の資料館になっています。

 

白馬大橋へ。

 

川とアルプス

 

雪の残る山と綺麗な川の景色が見たくて、ゴールデンウィークに混雑覚悟でやって来ました。

 

橋の上のバイクとアルプス

 

白馬大橋の近くで、道を間違って曲がったら、こんなきれいなところに入り込みました。

 

この後、野平地区の人気のスポットへ。

 

 

野平の一本桜

 

野平の一本桜 

 

野平の一本桜

野平の一本桜

 

野平の一本桜

 

 

野平駐車場

 

こちらが野平の一本桜のところの駐車場。

 

この後、大王わさび園へ行く計画でした。

大王わさび園近くになると、大渋滞。 待っても待っても、なかなか進みません。 駐車場に入る車も出る車もつまりにつまって、やっと最後の交差点に到達しましたが、このまま忍耐強く入ったところで、出るのも大変そうなので、わさび園は断念。 道から眺めただけでした。

 

渋滞で疲れ切ったので、宿方向へ行く前に、こちらでちょっと休憩。

 

ハイジの里

 

安曇野スイス村ハイジの里

スーパーのように広い販売所があり、地場野菜などがたくさん売られています。

おっちゃん、せっかくなので地元のジュースを自販機で購入して味わってました。

 

この後、なぜか安曇野ICまでも渋滞し、ちょっと大変でした。 安曇野IC〜岡谷ICまで走り、諏訪湖周辺をクネクネと走り…

 

上諏訪ステーションホテル

 

本日のお宿到着。 下諏訪ステーションホテル。 

先着のバイクの方々は、玄関前の屋根のある部分に駐輪させてもらってました。

そこがいっぱいになっていたら…

 

屋根付き駐車場

 

こちらへどうぞと、屋根のある部分の車1台分のスペースへ誘導してくれました。

4時半ごろチェックイン。 シングル2室。

 

片倉館

 

下諏訪ステーションホテルは、露天風呂付の大浴場がありますが、こちらの公衆浴場に行ってみました。

 

片倉館入口

 

片倉館

 

大人¥650

 

国指定重要文化財。 

写真のように、ものすごく混んでました。 ちょうどタイミング的に、宿の夕食前にひとっ風呂と来られた人たちでごった返してました。

千人風呂とはいえ、和歌山の千人風呂・川湯温泉のだだっ広いスペースとはわけが違うので、湯船は頑張って30人かな。

湯船は深くて立ち湯のような感じ。立って入るか、段のある縁の部分に座って浸かるか。 洗い場は激混み、行列をつくって順番待ちするほど。

サウナもあるのかと思ったら、区切られて湯気のこもったジャグジーでした。

 

1階が入浴施設、2階が休憩所兼食堂、屋上にも上がることができます。

 

片倉館

 

屋上から建物を見ると、歴史ある建物で実際に使い続けているところが、すごいです。

 

片倉館屋上からの景色

 

屋上からの夕陽。 諏訪湖が見渡せます。

 

秋月

 

秋月そば本店

夕食は、すぐ近くのお蕎麦屋さんで。

近所のビジネスホテルの1階にお店はあります。

 

まずは、おっちゃんはご当地メニューの「みそ天丼」を注文したのですが、時間がかかるということで、ビールと枝豆などで時間をゆっくり過ごしながら待ちました。

 

みそ天丼

 

かなり待って、出てきた みそ天丼 ¥930

 

予想と少し違っていて、甘い田楽みそみたいなのをかけていただきます。 

まあ、普通かな。 

とにかく、出てくるのが遅い!!

 

おでん

 

おでん ¥620

 

私は、おでんを頼んだのですが、1人前がパックになったレトルトパウチ温めただけじゃね?ってものが出てきました。(違ってたらゴメンナサイ) 普通に居酒屋価格はするんですけどね。 これは失敗でした。 

 

ちなみに、端っこに映ってる枝豆¥420、二人とも注文した生中¥700×2。

 

 

宿に戻ったら、各自各部屋へ。

私は、もう一度宿の温泉へ入り(貸し切り状態でゆっくりできました)、片倉館からの帰りにコンビニで買ったスイーツを部屋でのんびりしながらいただき、1日目の夜は更けていきました。

 

明日も渋滞回避のため、早めに宿を出る予定。 ゆっくりと休みました。

 

 

at 22:22, bikenori と bikenori夫, ツーリング

comments(2), trackbacks(0), pookmark